漫画とアニメのこりゃまたパビリオン!

お伽草子のレビュー。心に残るセリフやおもしろいセリフ。セリフ自体は普通でも、心に残るシーン。

お伽草子の感想・評価

つまらないアニメではないが、なんだか物足りない感がぬぐえない。ストーリーの奥に見える世界観が深淵なだけに、人間像をもう少し掘り下げてほしかった。

お伽草子のセリフ一覧・名言集

セリフ・名言|お伽草子

から その他へのセリフ
我は源頼光一の家来、渡辺綱。
我が鬼斬丸を恐れし者は去れ。
去らね路傍の塵、芥となりて己の非力、
彼岸でとくと悔やまれよ。
©2004-2005 日本テレビ、バップ Production I.G
ヒカル から 貞光へのセリフ
(貞光)
そんなに御上の命令が大事か。
(ヒカル)
私には守りたい人がいる。
それだけだ。
©2004-2005 日本テレビ、バップ Production I.G
虎熊 から ヒカルへのセリフ
俺は、おまえを、待っていた…。
このすさんだ世の中を、やすらぎで満たしてくれるのは、
そう、綾竹のような、心優しい女だと思っていたからな…。
そうだろう、頼光…。
おまえなら、都だけでなく、この海にも安らぎをくれそうだ。
©2004-2005 日本テレビ、バップ Production I.G
から 貞光へのセリフ
(貞光)
気にすんな、ちょっとした拾いもんよ。
(綱)
人の子をちょっと拾ってくるのか、おまえは。
©2004-2005 日本テレビ、バップ Production I.G
貞光 から ヒカルへのセリフ
その代わりにな、地獄の底までお供させてもらうからな。
そのつもりでいやがれよ、大将。
©2004-2005 日本テレビ、バップ Production I.G
から その他へのセリフ
見くびるなよ、きさまら!
©2004-2005 日本テレビ、バップ Production I.G

今1ページ目だよ。ほかのページもあるよ

キャラクター・登場人物で検索|お伽草子

巻数・話数で検索|お伽草子