漫画とアニメの名セリフ - こりゃまたパビリオン!

ピアノの森の名言・名セリフをピックアップ。レビュー。

ピアノの森の感想・評価

これは意外とおもしろい。
少年期はぐんぐん読める。
後半は同じことの繰り返しでピアノのレベル感がよくわからなくなってくるのだが、それでも最後まで集中力をもって読める。
すごいピアニストが次から次へと出てくるが、主人公は別格というのは最後まで変わらない。

ピアノの森のセリフまとめ

キャラクター・登場人物で名セリフ検索|ピアノの森

+開く

巻数・話数で名セリフ検索|ピアノの森

+開く

名言・名セリフ|ピアノの森

一ノ瀬 海 阿字野 壮介 から その他へのセリフ:26巻
(一ノ瀬 海)
阿字野・・
この日を俺は・・
---ずっと夢見てたんだ
(阿字野 壮介)
私は夢にも思わなかったよ
===
すごくきれいなラスト。
©1998-2015 一色まこと

一ノ瀬 海 から 阿字野 壮介へのセリフ:26巻
「ヘタでいいじゃん」
「だってヘタに決まってる!!」
ヘタな現実と向き合う勇気を持たなきゃ始まらないじゃないか!!
そこが最初の一歩なのに・・
©1998-2015 一色まこと


一ノ瀬 海 から その他へのセリフ:26巻
がんばったのは阿字野だよ
俺・・心の底から先生を尊敬する
===
復活コンサートが成功したのを見て感涙。
©1998-2015 一色まこと

雨宮 洋一郎 から その他へのセリフ:22巻
ああ・・
阿字野は一ノ瀬を最初(ハナ)から大きく考えていたのだ!!
自分のメンツでも
肩書が欲しいでもなく・・・・
一ノ瀬を世界で一人立ちさせるためだけに・・
その全てを注ぎ込んできたのか!?
©1998-2015 一色まこと

雨宮 修平 から 雨宮 洋一郎へのセリフ:20巻
と・・
父さん
心配かけてゴメン!
僕は父さんに・・
たくさん話さなきゃいけないことがあるんだ
©1998-2015 一色まこと

雨宮 洋一郎 から その他へのセリフ:20巻
私達には・・
自分の音楽を一生かけても追求できる幸せがあるのに・・・・
もちろん一生をかけても
音楽が本当に何もかもわかった
・・なんてことは
人間の短い生涯ではどんなに努力してもあり得ないことだけど・・
それでも・・
それでも何とか少しでも近づこうと
努力を続ける者のみが得られる・・
何物にも代え難い幸せがあるのに・・・・
誰かに憧れ・・
競い・・
勝ちたいと思うことが悪いことだなんて思わない
しかしそれとは別に
音楽をする喜びというのは・・
本質的なところにちゃんとあることを
私は忘れていたのだ
©1998-2015 一色まこと

今1ページ目だよ。ほかのページもあるよ

キャラクター・登場人物で名セリフ検索|ピアノの森

巻数・話数で名セリフ検索|ピアノの森