漫画とアニメの名セリフ - こりゃまたパビリオン!

時透 有一郎(鬼滅の刃)の名セリフ。レビュー。心に残る名シーンやおもしろいセリフ。

鬼滅の刃の概要

作者 吾峠呼世晴
出版社 集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ
レーベル ジャンプ・コミックス

鬼滅の刃の感想・評価

これはおもしろい。セリフがおもしろい。ところどころ、微妙におもしろいのを入れてくる。
醸し出す雰囲気が独特なのだけれども、それが違和感なくておもしろい。
独特なのだけれども、もともと素質のある主人公がすごい勢いで強くなっていくさまであるとか、個人ごとの技であるとか、少年ジャンプの基本をちゃんと抑えている。

あまり目立たないのだけど、読み返してみると、主人公は最初から常人よりも力持ちだった。
上位の鬼や柱との力の差に愕然としながらも、終盤、すごい才能でぐんぐん力をのばしていく。

強大な柱に次々と認められていく主人公。
一瞬が生死を分ける緊張感。
普段はずっと逃げ腰なのに突然強くなる仲間(善逸)。
鬼となった妹の驚愕の進化。
鬼舞辻無惨の救いようのない自己中っぷり。

など、ただのコメディではなく、ストーリーとして純粋におもしろくなる要素を多数ちりばめている。

時透 有一郎(鬼滅の刃)のセリフまとめ

名セリフ|時透 有一郎(鬼滅の刃)

時透 有一郎 から 時透 無一郎へのセリフ
14巻 無一郎の無
鬼滅の刃
お前は
自分ではない誰かのために
無限の力を出せる
選ばれた人間なんだ
===
双子の兄の最期の言葉を思い出す。
©2016- 吾峠呼世晴

時透 有一郎 から その他へのセリフ
14巻 無一郎の無
どうか…
弟だけは…
助けてください…
弟は…俺と…
違う…心の優しい…子です…
人の…役に…立ちたいと…
いうのを…俺が…邪魔した…
悪いのは…
俺だけ…です
バチを当てるなら…
俺だけに…
してください…
わかって…
いたんだ…
本当は……
無一郎の…
無は……
”無限”の”無”なんだ
===
柱の一人時透無一郎の双子の兄。
記憶を取り戻し、覚醒する無一郎。
©2016- 吾峠呼世晴


キャラクター・登場人物で名セリフ検索|鬼滅の刃

巻数・話数で名セリフ検索|鬼滅の刃