漫画とアニメのこりゃまたパビリオン!

岡崎に捧ぐのレビュー。心に残るセリフやおもしろいセリフ。セリフ自体は普通でも、心に残るシーン。

岡崎に捧ぐの概要

作者:山本さほ

出版社:小学館

掲載誌:ビッグコミックスペリオール

レーベル:BIG SUPERIOR COMICS SPEECIAL

岡崎に捧ぐの感想・評価

昭和50年代生まれにとってのちびまる子ちゃん。
ちびまる子ちゃんよりも、ノンフィクション色が強い。
次々出ていたゲームやおもちゃなどのノスタルジー。

岡崎に捧ぐのセリフ一覧・名言集

キャラクター・登場人物で検索|岡崎に捧ぐ

+開く

巻数・話数で検索|岡崎に捧ぐ

+開く

セリフ・名言|岡崎に捧ぐ

山本 から 岡崎へのセリフ
びっくりした。
私はずっと人間は誰しも自分が主人公だと思って生きていると思っていた。
それなのに今、目の前にいるこの人は自分は私の人生の脇役だと言っている。
いや、意味わからん。
©2015- 山本さほ, 小学館
山本 から その他へのセリフ
今の子供もあの時の私達のように、感動したり未来を感じたりしてるのだろうか。
©2015- 山本さほ, 小学館
山本 から その他へのセリフ
吉田さんは、業を背負うにはまだ若すぎる…
©2015- 山本さほ, 小学館
小田原 から 山本へのセリフ
ど…
どうかしてる…
©2015- 山本さほ, 小学館
岡崎 から その他へのセリフ
私は───
母親になれるのだろうか。
毎朝お弁当を作れるのだろうか…
©2015- 山本さほ, 小学館

キャラクター・登場人物で検索|岡崎に捧ぐ

巻数・話数で検索|岡崎に捧ぐ