漫画とアニメの名セリフ - こりゃまたパビリオン!

進撃の巨人 7巻の名セリフ。レビュー。心に残る名シーンやおもしろいセリフ。

進撃の巨人の概要

未完
作者: 諫山創(いさやまはじめ)
出版社: 講談社
掲載誌: 別冊少年マガジン

進撃の巨人の感想・評価

紹介するまでもない、今やワンピースと並ぶ漫画界の巨星。
最初絵を見た時は、何だこりゃと思ったが、読み進めていると、のべーっとしたように見える表情にも、意外と緻密な感情が含まれている。

読者を高揚させるセリフ、演出も多い。

最初集英社に持ち込んで、ボツをくらい、講談社で出版の運びとなったらしい。
たしかに、ジャンプっぽくはない。
現在は第二部でなんともまあ予想外に主人公が到底感情移入できない行動や言動を繰り返す。

巨人との戦いから人間対人間となり、おもしろいおもしろくないはおいておいて、ジャンルが変わった印象すらある。
巨人相手のときは、理不尽は天災みたいなもので、嫌な気分は少ない。巨人に食われるさまはエグいけど。
また、世界の謎に挑むミステリーのおもしろさがあった。
しかし現在は、理不尽は人間対人間の人災なので、余分なストレスがある。
ラストがどうなるかはわからないが、スカッとするときは来るのだろうか。

なお、人間対人間になってからも、おもしろいことに違いはない。

進撃の巨人 7巻のセリフまとめ

名セリフ|進撃の巨人 7巻

エレン から アニへのセリフ:7巻
オレが…
オレが選んだ
オレがした選択で皆 死んだ
オレのせいで…
皆が……
…だけど
やっぱり…
お前が悪い
©2009- 諫山創

リヴァイ から アニへのセリフ:7巻
お前は確か…色々なやり方で俺の部下を殺していたが…
あれは楽しかったりするのか?
俺は今楽しいぞ
なぁ……?
お前もそうだろ?
お前なら俺を理解してくれるだろ?
©2009- 諫山創

アルミン から ジャンへのセリフ:7巻
大して長くも生きてないけど確信してることがあるんだ…
何かを変えることのできる人間がいるとすれば
その人はきっと…
大事なものを捨てることができる人だ
化け物をも凌ぐ必要に迫られたのなら
人間性をも捨て去ることができる人のことだ
何も捨てることができない人には
何も変えることはできないだろう
©2009- 諫山創

アルミン から ジャンへのセリフ:7巻
確かに団長は非情で悪い人かもしれない…
けど僕は…それでいいと思う
あらゆる展開を想定した結果仲間の命が危うくなっても
選ばなきゃいけない
100人の仲間の命と
壁の中の人類の命を
団長は選んだ
100人の仲間の命を切り捨てることを選んだ
©2009- 諫山創


進撃の巨人の感想

キャラクター・登場人物で名セリフ検索|進撃の巨人

巻数・話数で名セリフ検索|進撃の巨人