漫画とアニメのこりゃまたパビリオン! AMP

へうげもののセリフ一覧・名言集

キャラクター・登場人物で検索|へうげもの(コミック)

+開く

巻数・話数で検索|へうげもの(コミック)

+開く

セリフ・名言|へうげもの(コミック)

古田織部 から 織田信長へのセリフ
お……
……畏れながら上様……

平グモは大安宅船と等しく素晴らしいものでございました
ものの良さと尺の大小は係わりなしと存じまする



古田織部 から その他へのセリフ
手前の首を心配せえええ!!!!



荒木道糞 から 古田織部へのセリフ
松永弾正は武人としては立派やった
だがあいにく……
わしのほうが業は上や



織田信長 から 古田織部へのセリフ
俺はまだ雷を受けておらん
まだまだ昇るぞ



千利休 から 豊臣秀吉へのセリフ
それが私の業にございます


千利休 から 明智光秀へのセリフ
死に近づけば近づくほど……
「わび」もまたはっきりとわかってくるものと存じます



織田信長 から 豊臣秀吉へのセリフ
おいその刀ぁ!!
安いぞ!!



織田信長 から 豊臣秀吉へのセリフ
これまで数多の人間と関わってきたわ……
その都度一方的に奪い取り……
惜しみなく与えてきた……
だがハゲ……
おまえとは「ダール・イ・レベゼール」だった
俺はあらゆる人間と その関係を築きたかったのだがな……
……意味を知っておるか?

「愛」よ


千利休 から その他へのセリフ
華は咲き乱れるのではなく…………
一輪あらばよろしいのです



千利休 から 明智光秀へのセリフ
明智様はまだ……
お若いようで



荒木道糞 から 古田織部へのセリフ
生きてさえおればええ物を奏でられるんやからな
もはや信長にはでけへんことをやれるっちゅうわけや



徳川家康 から その他へのセリフ
明智殿は武人にあらず!
民がため一命を賭す士だ!!
泰平の世を創るに必要な男ぞ!!



明智光秀 から その他へのセリフ
下の句など蛇足……


豊臣秀吉 から 古田織部へのセリフ
「非情」……?
「努力」と申せ


豊臣秀吉 から 古田織部へのセリフ
よかろう
帝に代わり授けよう
今日を以て古田佐介は

従五位下
古田織部正重然とす!



豊臣秀吉 から 千利休へのセリフ
俺はおまえの殺し屋ではないわ!!


千利休 から 豊臣秀吉へのセリフ
私はひたすらに
この命尽きるまでひたすらに関白様に従うて参りまする



荒木道糞 から 古田織部へのセリフ
伝えたらええ
わしっちゅう人間は最期まで強欲やったとな



石川数正 から その他へのセリフ
その方とて子がおろう
桜の美しさすら我が子に語れず……
人として生涯を全うしたと申せるのか



高山右近 から 古田織部へのセリフ
幾年月も培ってきた南蛮趣味を鶴の一声で変えさせられてはたまりません



千利休 から 古田織部へのセリフ
ここで苦言を呈してはあまりに不憫……
何やら言葉にできぬ不思議な面白さはあることですし……



丿貫 から 千利休へのセリフ
業が深いのう
関白さんよりよっぽど……



千利休 から 丿貫へのセリフ
左様にございます
さりとて私の業が働きゆえに……
世がわびに染まるならば……
これに越したことはございますまい
貴人から下々の者まで……
皆が真のわびの美を見いだすならば……
あらゆる争い事など消え失せ心静かに暮らしを営めましょう

それを成し遂げることが私の宿命であり
生き甲斐にございます



丿貫 から 千利休へのセリフ
しかしな
今の田中与四郎
…………いや利休居士は

業火に呑まれとるよ


千利休 から その他へのセリフ
私の為してきたことは……
似非わび茶人を生んだのみなのか……

寒い……


千利休 から その他へのセリフ
自暴自棄になっておるのではありませぬ……
役を辞さんと関白様に願い出たことで……
何か………

憑き物が落ちたように感じるのです


千利休 から 古田織部へのセリフ
私もまた不完全なる未熟者にございました
ここにお詫び申し上げまする



古田織部 から 千利休へのセリフ
先日の宗匠の茶に招かれ……
それがしは己を卑下するをやめ申した……

宗匠ほどの御人でも蓋の如く不完全ならば人は皆不完全……
むしろそこが面白いのだろうと



千利休 から 古田織部へのセリフ
「過ぎたるはなお及ばざるが如し」……
確かにこの言葉に偽りはございませぬ……

されど人は過ぎたる程に………
及ばざる程に面白いと感ずるも真のこと……
その面白さが「和」を生むならば……
これもまたわび数寄かと思い至るところです



千利休 から その他へのセリフ
お互い育んでゆこうではないか
伸び始めた真のわび数寄の芽を




千利休 から その他へのセリフ
おのれ………
よくも………
よくも真のわび数寄の芽を…………



織田有楽斎 から その他へのセリフ
型を貫くは己も他者をも苦しめたるに似たり
野心家の典型を貫かんとすおのれに今こそ申し置く



古田織部 から 千利休へのセリフ
非道結構!
悪辣上等!
数寄がためなら共に地獄へ落ちましょうぞ!



千利休 から その他へのセリフ
私は鬼畜と化してしまった……


徳川家康 から その他へのセリフ
気付け秀忠!!
そこに気付かねば
徳川が先はない!!



石田三成 から その他へのセリフ
この石田治部少輔三成
全身全欠にて茶を喫みほさん!!!



石田三成 から その他へのセリフ
されど………
わからぬ…………
いかに努めようと………
何をどうあがいても………

私にはわからぬのだ……
かような物に魅かれる心が………



上田宗箇 から その他へのセリフ
息をする前に突けい!!
首を斬られても突けい!!!



三浦按針 から その他へのセリフ
笑っている…………
器で笑っているのか……!?
なぜに……!?



徳川家康 から その他へのセリフ
邪魔たわけぃ!!!


上田宗箇 から 古田織部へのセリフ
未練がましゃああ!!!


古田織部 から 徳川家康へのセリフ
美味さとは茶葉や点て方のみならず……
その場の雰囲気も加味され 生ずるもの……………
修練のみが目的と化せば 美味い茶は喫めのうなりますぞ
して 道春殿……………
場の雰囲気
面白さとは……
刻と共に移ろいゆくもの……………
なれば型とて移ろいに合わせ変わらねば…………
私の創りし今の型を不動にしたら………
後世の者は茶席に面白さを感ずる事ものうなりましょう

変幻自在
融通無碍
かような「茶の湯」で良いのでござる


徳川家康 から その他へのセリフ
あっぱれ


真田好白 から その他へのセリフ
ひょうげどころか……
怖い………

尻穴が痛い程締まらん……!!


古田織部 から その他へのセリフ
余りあるより欠いておる方が「乙」よの
鬆の入った茶入の蓋が如くに



高山右近 から その他へのセリフ
前途の多難以上に………
心躍る事があるのです

もし追放されるなら……………
彼方でこそ……………
南蛮と和の混じり合うた世が創れるのでは………と



高山右近 から その他へのセリフ
あれ以上……
あれ以上あの場におったら……………

棄教を宣するところやった
余りにひょうげた 居心地の良さに



大野治長 から 徳川家康へのセリフ
日の本を野暮本(やぼのもと)にされては困りますれば


徳川家康 から その他へのセリフ
今度こそ叶(かの)う限りの武人を始末せん
悔いの残らぬようにな



古田織部 から 徳川家康へのセリフ
それがしはすっかり勘違いをしておりましたっ
大御所様の仰っていた「泰平」とは…………
天下ではなく………………

徳川家の泰平が事だったのですな


キャラクター・登場人物で検索|へうげもの(コミック)

巻数・話数で検索|へうげもの(コミック)